SIG通称

学校プロジェクト

設立の目的

外国につながりのある住民が増加している日本では,日本語を母語としない児童生徒数が2万人を超えるようになりました. 学校現場での多言語のサポートには,これまでに多数の人々の手により蓄積された,さまざまな教材・校務文書・用例集・語彙集などを共有・活用する仕組みの整備が求められています. 本研究会は,教育現場の声に丹念に耳を傾けながら,多分野の研究者・学生が協働し,こうした状況の改善のために,言語グリッドを基盤とした情報通信技術を適用することを目指します.

本研究会では,日本語を母語としない児童・生徒が学ぶ学校での

  1. 多言語校務文書の作成支援
  2. 多言語進路指導の資料作成,および父母との多言語コミュニケーション支援
  3. シンプルな日本語による教科指導支援
  4. 日本語を母語としない児童・生徒のコミュニケーション・自習・日本語学習支援
  5. 児童・生徒の異文化コミュニケーション能力育成支援
などを目的とした汎用的ツールの開発・普及(利用者が資源を活用・作成してスケールアップする仕組みを含む)のために研究開発活動を行います.

SIG (Special Interest Group)

第2種SIG

メンバ

全体
コーディネータ
喜多 千草
 (関西大学総合情報学部 喜多研究室)
会員 井佐原 均
 ((独)情報通信研究機構 言語翻訳グループ)
石田 亨
 (京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻 石田・松原研究室)
北村 泰彦 <関西学院大学ユニットリーダー>
 (関西学院大学理工学部情報科学科 北村研究室)
桑原 和宏 <立命館大学ユニットリーダー>
 (立命館大学 情報理工学部 情報コミュニケーション学科 セマンティックコミュニケーション研究室)
竹内 和広
 (大阪電気通信大学 情報工学科)
灘本 明代 <甲南大学ユニットリーダー>
 (甲南大学 知能情報学部 灘本研究室)
服部 文夫
 (立命館大学 情報理工学部 情報コミュニケーション学科 エージェントコミュニケーション研究室)
菱山 玲子 <早稲田大学ユニットリーダー>
 (早稲田大学 創造理工学部 経営システム工学科 菱山研究室)
堀 雅洋 <関西大学ユニットリーダー>
 (関西大学総合情報学部 堀研究室)
村上 陽平
 ((独)情報通信研究機構)
八槇 博史 <名古屋大学ユニットリーダー>
 (名古屋大学 情報連携基盤センター 情報基盤ネットワーク研究部門)
吉野 孝 <和歌山大学ユニットリーダー>
 (和歌山大学 システム工学部 デザイン情報学科 吉野研究室)

連絡先

住所 〒600-8411
京都市下京区四条烏丸下ル水銀屋町620 COCON烏丸4F シティラボ内
言語グリッドアソシエーション
教育現場の多言語利用環境を支える情報基盤技術の研究会

URL http://langrid.org/association/sigmuse/
Email  contactmailaddresssigmuse.langrid.org